当院について

当院について

院長の挨拶

医療法人社団彦星会 岩橋クリニック

クリニック名の「スポ一ツ」には、自らが競技者としてスポ一ツに深く関わってきたこと、あらゆるレベル・年齢層のスポーツ選手の治療に携わってきた経験・専門性を生かし、怪我の予防や早期復帰に力を注いでいきたいという強い思いを込めています。怪我からの競技復帰に際しては、単純に医学的な問題にとどまらず、難しい判断を迫られることも多々ございます。選手の置かれている様々な状況に寄り添い、共に立ち向かっていけるようなクリニックでありたいと考えています。

院長 米田憲司(よねだけんじ)

クリニックの紹介

クリニックの概要

医療法人社団彦星会 健都よねだスポーツ整形外科

「スポーツ選手以外は診てもらえないのですか」とのお声もございますが、腰が痛い、肩が挙がらない、脚がしびれるなどの症状を呈する一般整形外科疾患の治療にも対応いたします。患者様の視点に立ち、早期回復・早期社会復帰ができるように、最新情報を踏まえた医療、一人ひとりの状態に合わせたリハビリテーションを提供してまいります。また、手術が必要となる場合や専門性を要する疾患と判断した場合には、大阪大学整形外科を中心とした基幹病院と連携し最適な医療を行います。

リハビリテーションの併設

リハビリテーション室

200㎡を越える広大なスペースに最新の医療機器や設備の充実、目的や病態に合わせて、患者さまに合ったリハビリプログラムをご提供・サポートいたします。

MRIやCTの当日検査が可能

健都健康管理センター

各疾患からの社会復帰やスポーツ選手の治療には、スピードが求められます。診断にMRI・CTが必要な場合、同フロア内の健康管理センターと連携して、速やかな撮影が可能です。

医師の紹介

整形外科・スポーツ整形外科

院長 米田憲司
院長 米田憲司(よねだけんじ)
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
  • 国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(ISAKOS)
  • 日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
  • 日本社会人アメリカンフットボール協会 医科学委員会委員
  • パナソニックインパルス チームドクター
  • 近畿大学アメリカンフットボール部 チームドクター
  • BANDY日本代表&チームドクター
略歴
  • 2000年03月 筑波大学医学部 卒業
  • 2001年06月 大阪府立病院(現 大阪府急性期総合医療センター) 臨床研修医
  • 2003年06月 社会医療法人行岡医学研究会 行岡病院 整形外科
  • 2004年07月 大阪労災病院 整形外科
  • 2006年01月 大阪大学医学部付属病院 整形外科
  • 2009年07月 星ヶ丘厚生年金病院(現 星ヶ丘総合医療センター) 整形外科 医長
  • 2011年07月 社会医療法人彩樹 守口敬仁会病院 整形外科 スポーツ整形外科部長
  • 2018年09月 医療法人社団彦星会 岩橋クリニック
  • 2019年11月 医療法人社団彦星会 健都よねだスポーツ整形外科 院長就任